MENU
家族の健康・美容

【検証中!】とびひの跡にバイオイル!?

夏…といえば、とびひの季節ですね~。うちの長男は保育園のころから、夏になると毎年とびひに…。蚊に刺され跡をかきむしっているようで、手足だけでなく顔にもちょっととびます。

とびひの跡が色素沈着して、めっちゃ汚い…。というわけで、とびひの跡を治すべく、母は戦ってみます。

とびひとは?

  •  “とびひとは民間で言われる俗名で、皮膚科の正式病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。細菌による皮膚の感染症です。
  • (中略)
  • 接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言うのです。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。”

    引用:日本皮膚科学会

簡単に言うと、かゆくてボリボリ掻いたら手にバイ菌が付き、その手で別の個所を触るのでどんどんうつっていくという…。あちこちがカサブタだらけになるんです。それをまた掻くから、とびひ跡になっちゃうんですよね。

わが家では長男だけがとびひになります。家族がうつされたことはありません。なので、ダニとかではないはずですが…。

とびひ跡を消すには、「保湿」が大事

夏の日焼けがだんだん白くなるように、とびひの跡も消えていると思っていたのですが、今年は消えてない…。人からも「どうしたの?」と聞かれるほど目立つんです。

こりゃまずい。なんか汚らしいし…。

とびひ跡はいわゆる色素沈着。シミと同じですね。肌が生まれ変わるターンオーバーが正常であれば、薄くできる可能性があります。とくに子供は新陳代謝が活発だし。

とはいえ、冬を越えても消えないなんて問題です。

肌のターンオーバーを整えるためには保湿が重要なので、何かイイものはないかと考えていたときに、「あ、バイオイルがいいかも」と思い出したのです。

 

傷跡をキレイにできるバイオイルを試すよ!

お見苦しいですが、「とびひ跡」だらけの息子の足です…
こちらは右腕です…
そして左腕も…

バイオイルは、アメリカ生まれの保湿美容オイル。アラフォーの私が10代のころにも「ニキビ跡にイイ」ってことで、よく雑誌に載っていました。

知らんかったけど、妊娠線や乾燥小じわにもきくらしいね。

毎晩お風呂上がりの湿った息子の手足にバイオイルを塗っています。朝も塗ってます。数滴でもよく伸びるので、コスパはいいんじゃないかな。

ちなみにバイオイルは、関西で人気のTV番組「やすとものどこいこ!?」でも紹介されている実力派です。やすよともこの説得力たるや!

以下は関係ないけど、ビックリしたこと。

日本で売られてるバイオイルは小林製薬の取り扱いになってるんですね~!鼻がきくよな、小林製薬って…(ほめてます。笑)


Bioil バイオイル 60ml 小林製薬 送料無料 【SK04843】

 

 

バイオイルでとびひ跡が消えるか検証!

さあこのバイオイルで、息子の汚いとびひ跡がどこまで治るか、経過はまた報告しますね。

しかし小学生男子から、海外の化粧品特有の香りがふわ~っと漂ってくるのは、不思議な感じがしますわな。嫌じゃないんか、あの子。

 

 

Sponsored Link